eチケット控えとeチケットとオンラインチェックインと

北欧旅行

さて、これが旅行へ出発前の最後の準備です。これはやらなくても空港に行けばチェックインできるので大きな問題はないと思いますが、何人かで行く場合は隣の席同士になれなかったりするので要注意です。(事前に座席の予約ができている場合は必要ないと思います)

オンラインチェックインとは、インターネットを使える環境であれば直接空港に行かなくても家でも出先でもどこでもチェックインできてしまうことです。

ポーランド航空のオンラインチェックインは出発時刻の24時間前から2時間前まで出来るようでしたので、空き時間にできるだけ早くやりました。このオンラインチェックインをすることのメリットは、

  • 事前に座席を指定できる
  • チケットを自分で発行できる
  • 当日焦らずに済む

といったところでしょうか。私たちが利用したポーランド航空のエコノミークラスは、チェックイン時に座席の指定をすることになっていました。空港に行ってから席を決めるにしても、そんなに早くは行けないですし、そんな時に便利なのがこのオンラインチェックインです。文字通りオンライン上で自分の情報を入力することで、このチェックインと同時に座席の指定ができ、なおかつチケット=E-ticketの発行ができます。もし預入荷物がなければそのまま検査場だけ通って、オンラインチェックイン時に発行されたE-チケット用意していけばそのまま乗れちゃうということです。

私たちは預入荷物があったので、当日は登場手続きのカウンターに並ぶことになりましたが、座席は指定済みだったので良かったです。

さて、そのオンラインチェックインの手続きですがごくごく簡単です。以下のものを用意して

  • e-ticket( Eチケット控え)
  • パスポート

この2つで良かった気がします。パスポートも不要だった気がしますが、一応あったほうが良いかもしれません。確か旅行者情報をこの時に確認できたような気がしますので、名前入力もチェックできたと思います。一応手順も説明しておきますね。旅行後なので有効なチケット情報を持っておらず途中までですが、あしからず。

JTB Eチケット控え

私のeチケット控えはJTB購入なのでJTBから送られてきました

 

それぞれ購入先によってEチケット控えの形式は若干異なるのかもしれないですが、ポーランド航空の場合は、必要になるのは「名前」と「航空券番号」でした。それを、LOTポーランド航空のホームページで「チェックイン」から進んでいって入力します。

出典:http://www.lot.com

 

「チェックイン」クリックします

出典:http://www.lot.com

 

出発国を選んで「チェックイン」をクリック

出典:http://www.lot.com

 

「eチケット番号を使用」をクリックして、自分の情報を入力。名前はローマ字で、番号はハイフンを除いてだったと思います。

出典:http://www.lot.com

 

JTBの航空券控えの画像の中ですと「航空券番号」がeチケット番号になります。画像はここまでしか用意できませんでしたが、このページで入力して「本人確認」クリックして進んでいくと、座席を選択する画面になるとおもいます。その他に何があったかはっきり覚えてないのですが、個人情報確認画面が表示されたページで「本人情報を編集」みたいなボタンが表示されたように記憶していますが、私は特にミス入力もなかったのでそのボタンは押さずだったので、そのボタンを押して進んでいった時に個人情報を修正できるのかどうかはわかりません。

このオンラインチェックインが終わると、lotポーランド航空から搭乗券が添付されて送られてきます。こんな感じのです。

これがeチケットですよね。今はっきりわかったことはeチケット控えeチケットがあるということなんですよね。なんか間違えがちですが、チェックインしてようやくeチケットになるのであって、それまではただのeチケット控えでしかないんです。なので搭乗に使えるeチケットはこのチェックイン後に発行されたこれです。今までの記事、控えのことをeチケットと間違って使っているかもしれない。。。まあパスポートあれば、予約さえしてあれば空港に行きさえすればなんとかなるのだろうけど。

とにかく、このeチケットを持って出発しましょう。もしできればプリントアウトしたものをスマホに保存したものを。できなければスマホの保存して。

それから帰りの分は、現地の出発時にしかチェックインできないのでeチケット控えを忘れずに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました