キルナ〜ナルヴィク〜トロムソ、トロムソ!

北欧旅行

ナルヴィクからトロムソへ

キルナを出発し、ナルヴィクを経由しトロムソに向かいます。ナルヴィクまでは電車でしたが、雪が吹雪いているような時間もあって、到着は30分ほど遅れました。そのせいで予定していたバスに乗ることができませんでした。

ナルヴィクまで乗ってきた電車

そんなアクシデントはありましたが、次のバスまで待つことにしました。待っていたのは駅の出入り口の張り紙に駅最寄バス停として道順が貼ってあった「storsenter」。こちらには飲食店やスーパーマーケットもあるったので待つには苦ではありませんでした。

バスてまでの地図

バス停「storsenter」までの地図。すぐ近くなので迷うことはないと思います

 

storsenter

「storsenter」外観

トロムソ行きのバスは「100 TROMSO」と表示されています。この日は平日だったので3本トロムソ行きのバスが出ていましたが、曜日によって運行本数が違うようなので、その辺りは要確認ですね。こちらの記事にもその辺りのこと書いたと思います。

キルナからトロムソ行き、ナルヴィクからトロムソ行きのバスを調べる
さて、キルナからナルヴィク経由のトロムソまで、キルナからナルヴィクに関しては鉄道のチケットをインターネットで購入することができましたが、ナルヴィクからトロムソまでのバスに関しては確実な情報がなかなかつかめませんでした。バスもインターネットで

バスはAMFYっていう、これまたショッピングセンターがあってそこにあるバスターミナルから出発してくるようですが、この日は20分くらい遅れてここのバス停にやってきました。そして乗車したのですが、ほぼ満席。二人掛けの席に座ることができましたし、乗客全てが座席に座れたようですが、座席が足りない場合はどうするのだろうと心配になりました。料金は二人で770nokだったと思います。だいたい5時間弱でトロムソの中心に到着したかな。

途中の景色は真っ暗で何も見えなかったですが、トロムソが見えた時はその景観の美しさに感動しました。ちょうどクリスマスの近い時期だったせいか家々の窓際に燭台が備え付けられていて(今はほとんどがライトのようですが)、それが美しかったです。

宿泊するホテル「スマートホテル」までの道のり

リンク:Expedia | トロムソのホテル一覧

バスを降りてホテルへ向かいます。大きな町ではないので、たいていのホテルまで中心地から歩いて行けちゃうと思います。私たちが泊まったスマートホテルまでも大した距離はなかったです。歩いて7分くらいかな。10分はかからないところにあるったのですが、ホテルに向かう道が坂になっていて、そこを上がるのが大変!足を取られながらもゆっくりと上がっていき、どうにかたどり着けました。ホテルの向かう道は幾つかあって、ホテルに向かって右の方から回り込んで行く道だと除雪されていて歩きやすことに後で気が付きました。

下のgooglemapでいうと、 Kaigata1辺りがトロムソの終着バス停だったと思うのですが、近くに教会があるのでそれを目印にすればどのあたりにいるかすぐにわかると思います。スマートホテル前の道は平坦です。その手前の1区画分の道が坂になっていて、地図の最短経路と下の方から迂回する道は雪で埋まってました。上の方から迂回する道は除雪されていて歩きやすかったです。ただ、これは私が行った時の話で、現在はどうなっているのかわかりませんので参考程度にしておいてください。大きなスーツケースをかけていくのは大変でした。あと、雪が湿気を含んだべちゃべちゃな雪なので、凍結している場所もあるのでお気をつけください。

スマートホテルトロムソの1区画手前、Gronnrgataから上がるところから急な坂になっていますので、この方面に行く場合は気をつけて下さい。

今回の旅行で一番お勧めしたい場所、トロムソ

今回はスウェーデンとノルウェーのみの4つの街を訪れましたが、行ったことのない人に一番お勧めしたいのがトロムソです。私たち夫婦は、キルナののんびりした感じが一番良かったですが、誰にでもお勧めできるのはトロムソ一択といった感じです。まあどこも良かったのですが。とりあえず、街が美しいです。これは特に冬、雪に埋もれていてクリスマスも近い時期に行ったからなのかもしれないですが、暗い中に絶えず灯されている明かりが、この傾斜のきつい小さな町のトロムソを浮かび上がらせているようでした。

もしもできることならフッティルーテンで来てみたいとも思いました。バスや飛行機もいいかもしれませんが、船の上からトロムソの街が近づいてくる姿は格別だろうなと。

観光地も多くありますが、この町の中で、町の流れに身を浸すように過ごすものよさそうだなあと思いました。

移動はバスになるとおもいます。私は滞在したホテルの近くにあった「WI-TO」で1日乗車券を購入して乗りました。100nokだったと思いますが、頻繁に料金が変わるらしいです。トロムソのバスは確か、最初に乗車する時に乗降口近くにあるタッチ式の機械にカードをタッチして今日の日付データを登録して、あとはタッチせずに乗降していたような気がします。チケットを持っていなくても乗降できるシステムですが、万が一検札に引っかかった場合の罰金がかなり高額なようです。大体の範囲をこれで移動できると思います。

トロムソのバスカード

1日乗車券。見た目はただの紙のカードで、刻印等はされません。

天気について

時期にもよるのかもしれないですが、オーロラ鑑賞目的にはトロムソは向かなそうな気がしました。曇りや雪の日が多そうなんですよね、冬は。勝手に新潟に近い天候をイメージしてしまっています。ただ、気温はそこまで寒くなく、キルナがマイナス20度だったのがトロムソではマイナス5度程度だったので、過ごしやすかったです。その分服は濡れるので(キルナだと溶けないので濡れることはなかった)、防水対策は必須です。

私たちはトロムソでもオーロラを見ることができたのですが、それは搭乗していた飛行機が吹雪の影響で遅れてちょうどオーロラが出現する時刻まで出発が伸びたから見れただけのことでした。見たのは離陸した飛行機が雲を抜けた時、あまりはっきりとは見えませんでしたけど。

そう、飛行機が遅れることが多そうなので気をつけて下さい。今シーズン新千歳空港も大雪で飛行機が飛ばなかった日がありましたが、もしかするとトロムソもそういうことがあるかもしれません。

トロムソでのおすすめスポット

トロムソには観光で訪れるのにいい場所がたくさんあります。美術館、博物館、教会、飲み屋などなど。そんな観光めぐりで疲れたらお勧めのところがあります。トロムソ図書館です。図書館はとてもきれいで、ロビーに座席もたくさんあって、飲食もできるようですし、Wi-Fiも無料で使うことができます。Wi-Fiを無料で使えるのは良い!ホテルに戻るのも面倒な時は、ここに立ち寄ってちょっと休憩するのも良いと思います。隣接する建物にはシネコンらしき映画館があります。

トロムソの中心から空港へ

トロムソの通りstorgataに空港行きのバス停があります。スマートホテルで近辺の地図を貰えて、そこに載っていました。スマートホテルから歩いて5分かからないくらいなとこです。一人60nokだったかな。2社のバスが運行しているようで、本数は1時間に4本くらいあったようですが、全く時間通りに来ませんでした。なので早めに空港へ向かったほうが良いでしょう。ただ、早く着きすぎたのか私たちのフライトのカバンの預入が始まらなかったです。(もしかしたらできたのかもしれないのですが、私たちには判別ができなかった)おそらく全体的にフライトが遅れていたのだと思います。

トロムソの後に向かうオスロまではノルウェーエアシャトルだったので、また機械でセルフチェックインをして、バッグを預けて、中に入って、搭乗しましたが、搭乗時間も遅れたし、搭乗してからも待機時間が2時間くらいあったりでだいぶ遅い出発になりました。

トロムソ空港自体は、こじんまりとした日本の地方都市空港といった感じで良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました